お金を使う時は分相応というものを意識しつつ、あまり無駄遣いはしないように

執着や不安は、求め過ぎている事が大きな要因だと考える。 分不相応な使い方や求める欲求を抑える為に、家に有る物を使わない物と使う物とで仕分けして、使わない物を処分する。 それによって、自分がどれだけ無駄遣いをしているのかを再認識し、これからの使い方を今一度改める。

お金を使う時は分相応というものを意識しつつ、あまり無駄遣いはしないように

服に何百万ものお金を掛け、中には借金をしてまで服を買う人や家庭用ゲーム機を全種類買い、給料の大半をゲームソフト購入に使ってしまう人等に違いを感じる。 生活費を切り詰めてまでそれらを買おうとする人には驚きしかない。十代からの付き合いがある親友には、所得が幾らなのか、家庭の支出が幾らなのか等、大抵の事は話す。 とはいえ、どんなにお金に困っても、その親友に借金をお願いする事はない。

お金に関する失敗談

クリスマスに豪華なプレゼントとレストランにホテルと奮発し過ぎたせいで、そのすぐ後に来る正月は極貧となり、三ヶ日は毎食カップラーメンという悲惨な正月となってしまった若き日。食費を抑えるために安い食材を売られているところへ行き、大量に食材を購入します。 そうすると食費がいつもより少しでも抑えることができるので、その週に浮いたお金がどれくらいあるのかを確認して安心します。

お金は使わないと回ってこないと言いますが、その台詞は低所得者には厳しい言葉です

友人が子供服を買うときに、1着4000円のものを平然と買っている時にすごいなと思いました。 わたしが買っている子供服は500円から800円のものばかりで、安売りしている時にしか買わないので。母親に相談します。 月々どれくらい使えるのか、どのくらい残額があるのかを話すことができます。 また、お金がないので今後の生活の不安や、将来働かないと生活できないことも相談しています。

お金に関する失敗談

子どもが200円の乗り物を乗りたいと言った時に、すぐに「いいよ」と言うことができなかった時に悲しくなりました。 節約のために財布の中にはギリギリのお金しか入れていなかったので、その時、もう少し余裕を持って入れておけばよかったと思いました。無駄な買い物がないかどうかをもう一度、見直してみる。あと、今度どんなときに大きなお金の動きがあるのか把握するために、人生の計画表や一覧票を作成して、必要な分のバイトを探し始める。

人生のどのタイミングでお金が必要か見極めが大事なこと

以前いた会社の社長で、交際費でキャバクラにいって一日数十万も使ったいた領収書をみたとき経営者はお金のかけ方が違うなー、一般人とは違うなと思った。あと、いい車を乗っていた。お金の悩みについて相談できる相手は、友だちです。生活費のことですかね。食費や光熱費などどのくらい毎月かかっているかをみんなで話し合う。家や車の税金はどうしているかを聞く。

お金に関する失敗談

住宅ローンと教育費のどちらを優先にしたらよいのかわからなくて、住宅ローンを繰り上げ返済したら手持ちのお金が無くなって、車が買えない状態になり無理して繰り上げ返済しなければよかったと後悔した。

コメントは受け付けていません。