お金はいくらあっても邪魔にならない。しかし、その事は隠すべし。

高額商品はクレジットカードでやります。もちろん、使用カードは1種類のみにして、ポイントを集める。普段のちょっとしたものは現金にしています。買い物によってはポイントの%が下がるものは現金がデビットカードを使用します。

コツコツと貯め、目標額を徐々に上げていって、次の目標を目指すお金

オレオレ詐欺に引っかかってしまった人が知人にいます。直ぐに警察に電話して、犯人は逮捕されました。お金は戻ってはきたものの、全額は無理だったそうです。それ以来、良く、詐欺電話がかかってきているそうです。3万円なら言いません。金額が少量なので、1か月の小遣い程度なので、臨時収入にします。例えば、100万円以上なら、家族には言って、即貯金します。その方が、後々、問題にならないだろうから。お金に関しては、親兄弟でもきちんと貸し借りをするが基本です。

お金に関する失敗談

足りなくて、困ったことは、臨時、急に飲み会が入ったのに、財布の中が足りそうもなかった時です。即、ATMへ直行しました。使いすぎて公開したことは、絵画に興味があり、若い時、働きだして、少しずつ溜まってきたので、絵画の展示会に行って、そこのお姉さんに勧められ、高い買い物をしました。まあ、家に飾って、気に入ってはいますが。嫁さんにも金額は言わない方が良い。。。普段、買い物はほとんどクレジットカードを使用します。
自宅近くにメインの金融機関ATMが無く、現金を引き出すのに手数料が掛かる為です。
一度に現金を多く引き出すと保管のリスクもある為に、クレジットカードが利用可能な店舗であればクレジットカードを使用します。

愛があれば幸せとは言えない、お金があれば幸せとは言えない

知人の銀行口座に振込人が不明な3万円の振込があり、知人はこれ幸いと消費しました。
数ヶ月後に利用した事のない街の金融会社から、借金返済の督促があり、特殊詐欺と思いそのまま放置しましたが、再び督促が送付され、内容を確認した所、数ヶ月前に振込のあった日付が借入日となっていました。
連絡をした所、法定利息を遥か超えた金利と元金の返済を求められました。
ある種の押し貸しであり、泣く泣く法外な利息と元金を支払ました。宝くじが当たった事を妻に伝えます。
3万円であれば、妻に伝え少し豪華なディナーを楽しみます。
数百万円であれば誰にも伝えず、虎の子のへそくりとして何かあった時に備えておきます。

お金に関する失敗談

今思えば10年前に株式投資の比率を大きく上げておけば良かったと思います。
株価が少し上昇しても直ぐに下降すると思い大きくは投資していませんでした。
ただ、今から株式投資をするには遅すぎると思います。クレジットカード派です。インターネットでの買い物が多く、クレジットカード決済が便利なので。正直、情報漏えいとか怖いですけど、その分、決まったサイトでしか買い物しないようにしています。

お金はいくらあっても邪魔にならない。しかし、その事は隠すべし。

夫ですが、「今日、クレジットカードをドイツで使われていたけど、身に覚えがあるか?」という電話がクレジットカード会社からかかってきて、ビックリした事があります。身に覚えが無いというと、決済拒否してくれ請求が来ませんでした。ほっとしました。金額は3万円ちょいでした。消えるものに使う場合は言いません。形に残るものに使う場合は言います。じゃないと、それで欲しいもの買った場合「新しいの買ったの?」って聞かれた時に、嘘がつきにくいので。

お金に関する失敗談

友達とランチを外食した時に、ついつい見栄を張って、食べたくもないのにサイドメニュー頼んじゃって、食べきれない上に、使いすぎで大後悔した事があります。セコい話ですみません。汗。

コメントは受け付けていません。